月別アーカイブ: 2019年6月

体験的絵画講座 テンペラ画体験

5月の体験的絵画講座は、テンペラ画✦

10

テンペラ画とは、顔料を卵の黄身で溶いて描く絵です。

 

今の絵の具はチューブに入って売っていますが、昔(15世紀くらいまで)は、粉状の顔料をにかわ(動物の皮や骨を煮出したゼラチン)や卵で溶いて使っていました。

そのままだと画面にくっついてくれないので、接着剤として卵を使うそうです。

1

木の板にアクリル地塗り剤を塗って、下地をつくります。

そのまま木の板に絵具を塗っても、しみ込んでしまうためだそうです。

2     3

下絵を板に転写したら、鉛筆の線が摺れないよう、定着剤をかけます。

4     5

卵を接着剤にして銀箔を貼ります。

ポイントは卵を厚すぎず、ムラなく塗ることだそうです。

「きれいに貼れないわ…」という方もいましたが、幻想的な雰囲気に

6      7

粉状の顔料を卵で溶いて色を塗ります。

8      9

11

顔料を何色か混ぜたり、卵の量を変えて鮮やかな色や淡い色をつくったり…皆さんそれぞれ工夫をこらしたすてきな作品ができました!

12      13

6月は模写洋画に挑戦します!お楽しみに✦