月別アーカイブ: 2018年5月

体験的絵画教室 デッサンの基礎2

5月19日、デッサンの基礎2回目は、ティッシュボックスを描きました。

四角いティッシュボックスは、遠近法の勉強にもなるそうです。

こちらはお手本です。現実に見えるティッシュボックスからすると、ちょっと大げさに見えませんか?

IMG_1461

これは線遠近法という、幾何学的に計算された方法で描いています。

なので、たった30センチくらいのティッシュボックスが、飛び出してくるみたいに立体的に見えるんです☆

線遠近法の製図をお手本に重ねると、この通り!ぴったり合っています。

IMG_1442

実際にどう見えるかというよりも、デッサンのワザなんだそうです。

今回はモノサシで製図したのでは簡単すぎるので、目でよく見て描いてみます。

IMG_1446     IMG_1452

実際に目に映るティッシュボックスと、線遠近法を使ったティッシュボックスはちょっと違うので、画面にあらわすのはなかなか難しいらしいです...

皆さん、目の錯覚に苦戦していらっしゃいました><

近くと遠くを明暗で描き分けるのも、遠近感を表現するのに大事なポイントです。

近くは濃く、遠くは薄く...ちょっと誇張して描くのが、ティッシュボックスの奥行きを上手にあらわすテクニックだそうです。これは「空気遠近法」というそうです。

IMG_1455   IMG_1463

台にできたボックスの影も忘れずに描いて、「置いてある」感を出します。

IMG_1470

パッケージの模様も描いて、できあがり☆

体験的絵画教室 デッサンの基礎1

今年度も始まりました!体験的絵画教室!

今年度はより本格的に、5つのシリーズに分け、それぞれ3回ずつ実施します。

シリーズ1はデッサンの基礎です。

卵とティッシュボックス、ビニール袋に入ったトイレットペーパー(!)を1回ごと描きます。

使うのは鉛筆です。鉛筆は、硬くて線が細いので、木炭やクレパスと比べると、ごまかしがきかない一番難しい素材なのだそうです。

1回目は卵✤ 丸い形は、すべての物の基本となる形だそうです。まずは一番基本的なものを描いてみます。

IMG_1288

まずは全体の形を描きます。

一発で形を決めるのは難しいので、うすーい線を何本も重ねて、形をとっていきます。

卵の丸みに沿って、まっすぐで短い線を重ねていきます。

IMG_1278

単純な形の卵は、影の付け方がポイントです☆

影も、線をたくさん重ねて描きます。

IMG_1283

卵ののっている台が光を反射して、卵に映っているところ、つまり中間の明るさのところがうまく描けると、上手なデッサンになるそうです。

鉛筆の線を指でこすってぼんやりさせると、きれいな影ができます✦

IMG_1284

卵そのものの影も描いて、「卵が置いてあるよ」という感じを出します。

IMG_1287

仕上げに、いらない線を練り消しゴムでおさえて消し、定着スプレーをかけて完成✦

IMG_1281

次はティッシュボックスです。

デッサンの後も、いろんな絵を描きます。

大好評のため、残念ながらお申し込みは締め切ってしまいましたが、ブログでワークショップの様子をお伝えしていきますので、ぜひお楽しみに☆

篆刻の鬼才 八幡郊処

ただいま、収蔵作品展「墨の世界 東洋の美」で作品を展示中の篆刻家、八幡郊処✦

今回、別の会場で小さな展示コーナーを作りました。

IMG_1100 - コピー

これまであまり詳しい活動などはわかっていなかったのですが、郊処の研究をされている嶋 不濁さん、八幡 兵吉さんのお二人によって、着々と人生の全貌が明らかになってきています!!

夏目漱石や徳富蘇峰など著名人の印をたくさん作っていたり、天龍峡の名産品、尾林焼の開発(篆刻が刻まれた陶器をつくりました)をしたりと、活動範囲がとても広かったことが驚きです!

郊処は、今ではあまり知られていませんが、当時はわりと有名だったのかも...☆

この展示コーナーでは、お二人の調査結果を速報するとともに、ご遺族からお借りした印譜(郊処が作った印をおした冊子)などの資料を展示しました。

篆刻には、「印篆」という四角い字体がよく使われるのですが、郊処のつくる印は、ほかにも色々な字体が使われていて、バリエーション豊かでとってもおしゃれ✦✦✦

IMG_1117 - コピー

このコーナーは無料でご覧いただけます。

6月1日(金)から11日(月)までは別展示のため中断しますが、6月24日(日)まで開催します。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にご覧ください!

安藤美香ワークショップ 美濃和紙に描く水墨画

6月3日(日)は、岡谷市出身の画家、安藤美香さんによるワークショップを行います✦✦✦

ただいま収蔵作品展「墨の世界 東洋の美」を開催中ですが、ぜひ見るだけでなく、墨と筆で描くことを体験していただきたい!と企画しました。

無題3

ワークショップの見本作品です。先生のお手本をまねして描き、筆づかいを体験します☆

安藤さんは、中国芸術研究院で学び、日本人として初めて中国水墨画の博士号を取得されました。

水墨画といっても墨一色ではなく、きれいな色の絵の具も使われています。

ワークショップでも墨と専用の絵の具を使い、夏らしいモチーフをハガキ大の美濃和紙に描きます。

無題2 無題

美濃和紙は、今は職人さんが少なくなった貴重な和紙なんです✦

当日は、なんと安藤さんの作品も展示させていただきます!!

繊細で美しい作品をぜひお楽しみください!

美濃和紙の職人さんも、お話を聞かせてくださいますよ✦

午後1時30分から、参加費は600円です。

ご興味のある方は、美術考古館までお申し込みください!!

収蔵作品展1 墨の世界 東洋の美

ただいま、書や水墨画など、東洋的な作品を展示しています。

IMG_1138 - コピー

中国発祥の書画は、もともとふすまや屏風、掛け軸などに仕立て、暮らしの中で楽しむ

ものでした。

このように大会場に集めて展示する、というのは西洋から入ってきた発想です。

そのせいか、いつもの洋画中心の展示と比べて、作品の主張が強くなく、室内がとっても静かな雰囲気です✤

 

こちらは江戸時代の文人、天竜道人の屏風✤

IMG_1141 - コピー

墨だけで描かれているのに、鳥の羽毛・くちばしの質感や色までよみがえってきそうです...

IMGP1642 - コピー

こちらは明治から昭和にかけて活躍した岡谷の篆刻家、八幡郊処の作品です。

IMG_1474 - コピー

4つの篆刻印のような図案で、王維の詩を表現しています。

なかでも目を引くのがこれ!!

IMG_1475 - コピー

いかにも篆刻!というのとはかなり違う字体です。まるで絵文字のようですが、実はこれも漢字なんです...何となくおしゃれですね✦

ほかにもすてきな作品がいっぱい!!

寒暖の差に落ち着かないこの頃ですが、美術考古館で心おだやかなひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

6月24日(日)までの開催です!