体験的絵画教室⑤

11月18日(土)の「体験的絵画教室」第5回目は、墨で絵手紙風の作品を描きました。

IMGP0143 IMGP0217

なんと木炭を細かく砕くところから始めました!!

IMGP0070

木炭も接着剤がないと、せっかく描いても落ちてしまいますので、メディウムというアクリル樹脂系接着剤と水を混ぜます。

IMGP0112

IMGP0071

ペンがわりに使う割り箸を削っています。

さらに水を加えながら、いろいろな墨の濃さを試します。

IMGP0105

練習が終わったら、ハガキ大の本番の紙に挑戦!

IMGP0198

墨が乾かないうちに金雲母、緑青などの顔料を振ると、なんとも高級感のある仕上がりに!!!

IMGP0173

IMGP0131

なんとも体が温まりそうなショウガです。

IMGP0199

ちょっと残った木炭の粒子も、よい味わいです✦

IMGP0201

縁起物を描いて年賀状、ほかにも暑中見舞い、ちょっとしたあいさつにも喜ばれそうですね✦

IMGP0220

IMGP0188

クリスマスカードにも!!

それにしても、皆さんお上手でした...

IMGP0214 IMGP0208

IMGP0144 IMGP0164 IMGP0135

体験的絵画教室④

11月4日(土)、第4回目の「体験的絵画教室」は、油絵に挑戦!

油絵といっても、油絵の具だけで絵を描くのは時間も熟練の技も必要なため、この日は透明な油絵の具を使う体験のみ行いました。

IMGP9996

油絵の具に使う油には、絵の具をやわらかく溶く油、下地に絵の具を接着するための油、最後に表面をコーティングして丈夫にする油があり、描きながら量を調節していくそうです。

そのときそのときで、使う油の種類や量を間違えると、長持ちするよい作品は描けないんだとか!

なんと美術館に収蔵されるような画家でも、なかなかできないほど微妙な調節なんだそうです!!

それほど扱いが難しい油絵の具なので、この日のワークショップでは、アクリルガッシュで描いた絵の上から油絵の具の透明色を塗り、ちょっと油絵っぽい味わいを楽しみました。

まずは石膏とペンキ、何色かのアクリル絵の具を使って、パステルカラーの下絵を描きます。これが下地となり、油絵の具が裏に染み出ないようになりました。

IMGP9950

なんだかマカロンみたいな味がしそうです...

IMGP9951

それが乾いたら、いよいよ油絵の具を塗ります。

IMGP0003

これが油絵の具!つやつやです。

IMGP9998 IMGP9959

IMGP0014

先日のワークショップで描いたテンペラ画にも、油絵の具でお化粧✤

油絵の具は白を混ぜない限り透明色なので、パステルカラーの下地が透けて、深みのあるいい色合いになります✦

油絵の具は、油で練って作られているので、ちょっと暗くて渋い色合いが特徴です。

IMGP0090 IMGP9991

 

なんと筆も油で洗います!!

ちょっと大変でしたが、気軽に油絵の具を楽しめました☆

IMGP0074   IMGP0078

IMGP0089 IMGP0077 IMGP0088 

 

アドベントカレンダーをつくろう

11月19日(日)は、アドベントカレンダーを作るワークショップを開催しました。

 

アドベントカレンダーは、クリスマスまでの期間を数えるものです。

様々なスタイルがありますが、今回はツリーの形で、小さなプレゼントボックスが7個

ついています。

IMGP0285

7個のちょこっとかわいいプレゼント。

クリスマスまでの毎日が、ぐっと楽しくなりますよね。

 

子供さんから大人の方まで、楽しんで作っていただけました。

 

まず円錐形のツリー本体をつくり、枝部分を貼り付けます。

IMGP0258

プレゼントボックスは紙コップで作ります。

 

色紙やシール、マスキングテープを使ってかわいくデコレーション。

IMGP0268

 

IMGP0265

ペーパークラフト風のプレゼントボックスです

 

小さなツリーができました。ひとあし早いクリスマス。

IMGP0272

気分もちょっと華やぎます。

体験的絵画教室③

10月28日(土)、第3回目の「体験的絵画教室」は、アクリルガッシュを使って、ガラスに絵を描きました!

IMGP9846

アクリルガッシュとは、顔料を樹脂で練った絵の具で、水彩絵の具のように水で溶いて使えますが、乾くと耐水性になります。

アクリル絵の具と似ていますが、アクリル絵の具より不透明でマットな仕上がりになります。

今回下地として使ったガラスは、絵の具が一番のりにくい素材で、油絵の具とアクリルガッシュぐらいでしか描くことができないんです。

カーボン紙でガラスの裏面に下絵を写し、ガッシュで色を付けます。

IMGP9773 IMGP9784 

はみ出たところや細い線は、後でカッターで削ります。

IMGP9830

削った上からも、またガッシュを塗ることができます。

IMGP9843

なかには削り痕を模様のように見せる方も!!

IMGP9839

ガラスをひっくり返して表から見ると、なんともオシャレな作品ができました✤

IMGP9832 IMGP9845

額に入れたら、美術館やギャラリーにある作品のよう✦

IMGP9848 IMGP9842

皆さん、自由な色づかいがとってもステキでした。

体験的絵画教室②

10月14日(土)は、「体験的絵画教室」第2回目!!

1回目で作った下地に、テンペラで絵を描きました。

IMGP9539

下地をサンドペーパーで平らにして、下絵を描いたら、いよいよ絵の具を作ります。

材料は、粉状の顔料と、なんと卵!!!

黄身だけを取り出します...

IMGP9437

この黄身が、顔料を下地に接着する役割をはたします。

IMGP9450

顔料を、黄身と水を混ぜたもので溶いて塗ります。

意外と普通の絵の具...といった使い心地だそうです。

IMGP9523   IMGP9520

レオナルド・ダ・ヴィンチも、現在のような油絵の具や水彩絵の具ができる前は、この方法で絵を描いていました。

IMGP9494 IMGP9508

卵を使ったテンペラも、油絵の具も、日本画で使うにかわの絵の具も、接着剤が違うだけで、原理はすべて同じなのだそうです。

この日は、紙に銀箔を貼る体験も!!!

ここでも卵が接着剤に!

貼った銀箔の上から、絵を描くこともできます。

IMGP9498

IMGP9530

銀箔を絵に貼る方も!

IMGP9519

キレイな発色で、すてきな作品がたくさんできました☆彡

IMGP9538    IMGP9537

IMGP9535 IMGP9532

第3回目は、アクリル絵の具でガラス絵を描きます!

ハロウィンのガーランドをつくろう

10月7日(土)は、「ハロウィンのガーランドをつくろう」のワークショップを開催しました。

10月31日はハロウィンです。お部屋に手作りガーランドを飾って、気分を盛り上げましょう。

  IMGP9412

カボチャやおばけ、クロネコ、魔女などの形を、色紙を切ったり、

トレーシングペーパーに写して切り、糸でつなげます。

  IMGP9410

みんな作業に没頭する中、音楽が聞こえてきます。

IMGP9360  IMGP9356

「おかやフェスタ」の催しで、美術館の前でジャズのコンサートが行われていました。

おかげでますます楽しい雰囲気です。

IMGP9376

さてさてどんなガーランドが出来たかな。

カラフルな魔女や棺によこたわるドラキュラ。えっ?まさかの透明人間?

IMGP9409  IMGP9397

IMGP9420

がいこつの棺の左側には透明人間。服を着て本を持っています。

IMGP9405

カワフルで楽しいですね

 

ぼくたちわたしたちの手作りガーランド。すごいでしょ。

IMGP9401  IMGP9399

IMGP9392  IMGP9385

IMGP9395

次はパズルに挑戦

 

体験的絵画教室①

9月30日(土)は、当館の花岡克行館長による「体験的絵画教室」第1回目を開催しました!

この日は、はがきサイズの板に、絵の基本となる下地を作りました。

なぜ下地が必要なのかというと、板に直接絵を描くと、絵の具が吸収されてしまって、うまく描けないのです。

 

焼物に使う粘土や、石膏、ボンド、ペンキなどを使って、3種類の下地を作ります。

DSCN7096 DSCN7098

これらはほとんど、ホームセンターなどで手に入るものばかり!!

身近な材料を使っていても、専門店で売られている画材と、機能はほぼ同じなんだそうです。

DSCN7108

こちらは焼物用の土を使った下地です。 ピーナッツバターみたいですね~

DSCN7110

 

DSCN7129

DSCN7133

こちらは石膏を使った下地! 生クリームみたい?

館長も絵を制作しているので、その経験上、最も合理的な方法を考えたのだとか!

この日はにかわも使って、レオナルド・ダ・ヴィンチの時代と同じ方法の下地も作りました!!

 

このワークショップは全7回!

次からは、第1回目に作った下地に絵を描いていきます。

古典技法に挑戦したり、ガラス絵のような作品を作ったり、土で絵を描いたり…

いろいろな技法が登場しますので、今から楽しみです🎶

小学校で彫刻クリーニングを行いました

9月29日(金)は、岡谷市内の小井川小学校と長地小学校にある野外彫刻作品を、児童の皆さんと一緒にクリーニングしました。

今回も、武蔵野美術大学の黒川弘毅先生にご指導いただきました。

 

この日クリーニングした作品はすべて、岡谷市出身の彫刻家、武井直也のものです。

これは小井川小学校の《母と子》。

DSCN6988

小さな作品ですが、5年生の皆さんが交替しながら洗いました。

皆さん、彫刻に触るのは初めての人が多かったようです。

DSC_0697 - コピー

いろんな感想を言いながら、楽しんで磨いてくれました!

DSCN7057 DSC_0699 - コピー

ワックスを塗って磨いたら、こんなにきれいに!!!

DSC_0707 - コピー  DSC_0710 - コピー

こちらは同じ小井川小学校の《折井房之先生像》。

DSCN6961

なんと100年ほど前に、小井川小学校に在職していた先生がモデルになっています!

DSCN7009 

時間の都合で、この作品のクリーニングは黒川先生と当館職員だけで行いましたが、こちらも見違えるようにきれいになったので、ぜひじっくり見てみてくださいね。

 

次は長地小学校の《親子》。

DSCN7060

こちらも5年生の皆さんがクリーニングしました。

ピカソみたいな、ちょっとヘンな形の作品に、興味津々!!

DSC_0725 - コピー

みんな交替時間が待ちきれない様子で、「交替!」「早く!」なんて声も!!

DSC_0733 - コピー

ワックスでつるつるになった作品を触って感激☆彡

DSC_0763 - コピー DSC_0771 - コピー

皆さん、暑いなか、ありがとうございました!

岡谷の黒曜石☆展示開催中です

考古展示室に、「黒曜石~国内を結ぶ諏訪の黒曜石」展示コーナーができました!!

黒曜石は、天然のガラスです!

石器時代や縄文時代には、いろいろな形に割って、矢じりやナイフなどに使われてきました。

この近くの和田峠は、黒曜石の一大産地です。

DSCN6960

今回は、岡谷市内から出土した黒曜石が大量に!!展示されています。

北海道など、ほかの地域の黒曜石もありますので、見比べてみるとおもしろいですね☆

黒曜石好きな方は必見です!!

軽トラ市特別企画 紙であそぼう☆火おこし体験

9月16日(土)は、軽トラ市特別企画として、

ワークショップ「紙であそぼう」と「火おこし体験」を開催しました。

すっかり秋めいて肌寒い天候でしたが、

火おこし体験はいつもながらの人気です。

IMGP9267

こつをつかむとやめられません。火がつきそうな勢いの元気な子供たち。

IMGP9269   IMGP9284

IMGP9276    IMGP9273

 

「紙であそぼう」はポスターやチラシを使った遊びです。

折り目を入れて立てたチラシをどこまで積めるか挑戦です。

高く積む毎に、ドキドキ。どうか倒れませんように。

IMGP9291

なんと身長より高く積めました。

IMGP9296

倒れないように そ~っとね

すごいでしょ。ぼくのチラシタワー。

IMGP9298