特別企画展

2019年1月10日~3月3日
開館5周年 収蔵作品展Ⅲ「美術考古館の隠れた名品展」

北村西望《飛躍》

北村西望《飛躍》

市立岡谷美術考古館には、絵画、彫刻、工芸、書など郷土の優れた美術作品を中心に729点を収蔵しています。当館は、昭和45年の開館以降、平成25年の移転・リニューアルを経て、50年近くになりますが、その間、多くの収蔵作品を展示・公開してまいりました。

しかし、通常の展覧会では、テーマを設定して、それに合わせた作品を展示したり、収蔵作品数が多い作家の個展として展示を行ったりしてきているので、展示する機会の少なかった作品も多くあります。しかし、それらも展示機会の多い作品と同様、作家が丹精を込めて制作した作品であることに変わりはなく、作家の一面を物語る貴重な資料でもあります。

本展では、そのような美術考古館の隠れた名品をご紹介いたします。当館でよく展示されてきたおなじみの作家であっても、あまり公開されてこなかった作品、そのほか、収蔵数がきわめて少ない作家の作品など、珍しいコレクションの数々を、ごゆっくりとご鑑賞ください。

 

◆入館料/一般350円(250円)、小・中学生150円(100円)

※( )は10名以上の団体料金

◆開館時間/午前10時~午後7時

◆関連イベント

学芸員によるギャラリートーク/2019年2月23日(土)午後1時30分~

2018年8月30日~11月4日
開館5周年 特別企画展 県展70年を支えた岡谷の巨匠展(終了しました)

高橋靖夫「あかのアトリエ」1966年

高橋靖夫《あかのアトリエ》1966年

本年は、長野県展70周年の節目の年となります。
長野県展は、終戦直後の昭和20(1945)年秋、疎開中の著名画家たちが中心となって開催した全信州美術展を母体として、昭和23(1948)年に発足しました。全国規模の公募展と比較しても、審査基準が厳しく、芸術性の高い作品が集まることが特長です。
岡谷市は、その長野県展での受賞者、あるいは審査員や役員を歴任して県展を支える実力ある作家を多く輩出してきた地域です。作家たちは「県展によって育てられた」とも言い、県展は作家たちにとって世代・ジャンルを超えた研鑽・交流の場となりました。彼らはさらに中央展でも存在感を示し、後進の指導者となるなど、岡谷においてもまたその系譜・人脈の豊かさは現在まで引き継がれています。
本展では、歴代の岡谷市出身の審査員及び役員の、幅広いジャンルの作品を展示し、県展70年の歩みとともに偉大なる巨匠たちをご紹介いたします。

 

 

 

■入館料/一般500円(350円) 小・中学生250円(150円)

( )は10名以上の団体料金

※諏訪郡内に在住・在学の小・中学生、岡谷市内に在住・在学の高校生は無料

 

■開館時間/午前10時~午後7時

 

◆関連イベント

○記念講演「長野県展70年を見つめて」

講師:植草 学 氏
信濃毎日新聞編集委員。千葉市生まれ。東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。同紙で1997年に県美術展の50年史を振り返る連載「県展半世紀」を執筆、現在は美術家インタビュー「創作の扉」欄などを担当。著書に『美のふるさと 信州 近代美術家たちの物語』(2007年)がある。

9月1日(土)13:30~15:00 交流ひろば 聴講無料

 

○ギャラリートーク「県展に育てられた私たち」
展示作家に作品の解説や県展にまつわる思い出などを語っていただきます。

11月3日(土・祝)13:30~ 美術展示室 開館記念日のため入館無料

2018年8月18日~9月17日
恵みを生み出す器 縄文中期の顔面把手大集合(終了しました)

平成30年度、岡谷市・茅野市・富士見町・原村・諏訪市・下諏訪町・長和町・川上村・山梨県甲府市・北杜市・韮崎市・南アルプス市・笛吹市・甲州市が、日本遺産《星降る中部高地の縄文世界―数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅―》に認定されました。
それに加え、当館の開館5周年を記念して、中部地方に特徴的な縄文土器を二期に分けて展示いたします。

■第1部
華麗な装飾 火焔と水煙の縄文土器展
平成30年7月14日(土)~8月15日(水)

■第2部
恵みを生み出す器 縄文中期の顔面把手大集合
平成30年8月18日(土)~9月17日(月・祝)

・休館日 毎週水曜日、祝日の翌日
※8月12日(日)、15日(水)は開館、8月27日(月)は臨時休館

●関連イベント
土器をつくって、焼いて、展示しよう!
7月29日(日)/8月4日(土) 10:00~ マグカップ土器をつくろう
8月18日(土) 10:30~ 土器火入れ(見学)
参加費500円、要申し込み

チラシはこちら

2018年7月14日~8月15日
華麗な装飾 火焔と水煙の縄文土器展(終了しました)

平成30年度、岡谷市・茅野市・富士見町・原村・諏訪市・下諏訪町・長和町・川上村・山梨県甲府市・北杜市・韮崎市・南アルプス市・笛吹市・甲州市が、日本遺産《星降る中部高地の縄文世界―数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅―》に認定されました。
それに加え、当館の開館5周年を記念して、中部地方に特徴的な縄文土器を二期に分けて展示いたします。

■第1部
華麗な装飾 火焔と水煙の縄文土器展
平成30年7月14日(土)~8月15日(水)

■第2部
恵みを生み出す器 縄文中期の顔面把手大集合
平成30年8月18日(土)~9月17日(月・祝)

・休館日 毎週水曜日、祝日の翌日
※8月12日(日)、15日(水)は開館、8月27日(月)は臨時休館

●関連イベント
土器をつくって、焼いて、展示しよう!
7月29日(日)/8月4日(土) 10:00~ マグカップ土器をつくろう
8月18日(土) 10:30~ 土器火入れ(見学)
参加費500円、要申し込み

チラシはこちら

2018年6月28日~8月26日
開館5周年記念 特別企画展 生誕100周年 早出守雄展~早出先生と教え子たち~

岡谷市出身の水彩画家 早出守雄(1918~1971)は、生まれ育った故郷の風景をこよなく愛し、力強く心にしみる風景画を描きつつ、多くの後進の指導にもあたりました。
本展では、当館収蔵作品に加え、ご遺族や他美術館などからも作品や資料などをお借りし、早出の画業を振り返ります。また、早出が岡谷市などの高等学校で教鞭をとっていた頃の教え子のうち、絵画制作の道に進んだ方々の作品も展示し、早出が後進に与えた影響にも着目します。

11637_0614 - コピー

《信濃路の駅》1956年

 

■関連イベント

ギャラリートーク
「父 貞一郎と早出守雄」 8月19日(日)13:30~
講師:髙橋靖夫さん(国画会会員・女子美術大学名誉教授)

早出守雄が尊敬した画家、髙橋貞一郎と早出の交流に関するエピソードや、早出作品などについてのことを、髙橋の五男、靖夫さんに語っていただきます。

 

 

 

 

2017年9月16日(土)~11月12日(日)
平成29年度特別企画展 全国美術展入賞作品展(終了しました)

ここ岡谷市は、大正・昭和時代から高橋貞一郎、野村千春、武井直也、武井武雄など日本を代表する芸術家を、また現代アートの分野でも、辰野登恵子、根岸芳郎など著名な作家を輩出しております。
本展では、岡谷市美術会及び岡谷市在住者の中から全国規模の美術展(中央展)で入賞した、絵画、彫刻や七宝、陶芸などさまざまなジャンルのすばらしい作品を展示し、岡谷の作家をご紹介いたします。

〔関連イベント〕
作家によるギャラリートーク
9月23日(土)、10月21日(土)、11月3日(金・祝)各回13:30~15:00

会期 2017年9月16日(土)~11月12日(日)
時間 10:00~19:00/水曜休館、祝日は開館(その翌日は休館)
入館料(特別企画展) 大人500円/小・中学生250円 ※団体割引あり

全国美術展入賞作品展チラシ

2017年7月15日(土)~9月10日(日)
平成29年度特別企画展 縄文の夜神楽 縄文遺産写真展(終了しました)

チラシ表近年、縄文時代は、世界に類まれな日本列島特有の文化が花開いた時代として注目が集まっています。
なかでも岡谷市が位置する中部高地は、縄文の遺跡が格段に多く、そこから発掘された土器・土偶等の遺産は多種多様で、豊かな縄文文化が育まれていました。
本展では、写真家 滋澤雅人氏が撮影したこれら縄文遺産の写真を一堂に展示いたします。滋澤氏は、縄文時代の灯火の明るさで見た土器や土偶を、荘厳なモノクロームの写真に映し出します。
今回、新たに当館所蔵の国指定重要文化財、顔面把手付深鉢形土器(海戸遺跡出土、縄文中期)を撮影していただきました。実物も常設展示されておりますので、同時にご覧いただけます。太古に生きた匠の技を、迫力あふれる写真でお楽しみください。

 

 

 

会 期: 平成29年7月15日(土)〜9月10日(日)

会 場: 市立岡谷美術考古館

休館日: 毎週水曜日、祝日の翌日

入館料: おとな(高校生以上)500円  こども(小・中学生)250円

団体 おとな(高校生以上)350円 こども(小・中学生)150円 ※10名以上

諏訪郡内6市町村小中学生、岡谷市内の高校に在校、在住高校生は無料

★関連イベント

講演「秘める太鼓のイブキ」

語り:写真家  滋澤雅人

日時:8月5日(土)午後1時30分~3時30分

申し込み不要、要入館料

2017年2月7日(火)~3月26日(日)
岡谷美術考古館開館3周年記念特別企画展 姉妹都市アーティスト展 大竹夏紀展(終了しました)

12 アクセサリーガールハート-1

アクセサリーガール♥

岡谷美術考古館では、岡谷市制施行80周年及び当館のリニューアルオープン3周年記念の特別企画展として、姉妹都市アーティスト展「大竹夏紀展」を開催いたします。

大竹夏紀は、群馬県富岡市の出身で小さい頃から絵を描くことが好きで、特に少女や花の絵を描いており、その華やかでキラキラした世界観に憧れ続けていました。その後、多摩美術大学にてテキスタイルデザインを専攻して「蝋けつ染め」に出会います。蝋けつ染めは、溶かした蝋を布地にしみこませることによって防染し柄を染める技法で、日本では正倉院宝物に見られるなど、天平時代から見られる伝統的な染色技法です。

大竹はその伝統的な技法を現代的な感性によって少女絵を鮮やかにポップに描きます。上品な輝きを持つ絹を使い鮮やかな発色の酸性染料を使うことで、きらめく色彩を表現し、また染めた布を自由な形に切り取り組み合わせることによって、作品が布幅の制限されることなく無限の広がりをみせ、見るものを圧巻し不思議な世界へ誘います。

2010年には、東京モード学園のCMにも作品が起用され、東京や群馬、また海外でも作品発表を行い、活躍が期待されている作家です。

本展では、学生時代の作品から新作を加えた数々の作品と、制作の様子がわかるアトリエ再現などをご覧いただけます。

染色された色彩により光り輝く少女たち。その幻想的な大竹ワールドをお楽しみください。

会 期: 平成29年2月7日(火)〜3月26日(日)

会 場: 市立岡谷美術考古館

休館日: 毎週水曜日、祝日の翌日

入館料: おとな(高校生以上)500円  こども(小・中学生)250円

団体 おとな(高校生以上)350円 こども(小・中学生)150円 ※10名以上

諏訪郡内6市町村小中学生、岡谷市内の高校に在校、在住高校生は無料

 

★関連イベント

アーティスト・トーク

日時: 3月4日(土)午後1時から30分程度

申し込み不要、要入館料

 

ワークショップ「ろうけつ染めを体験してみよう」

日時: 3月4日(土)午後2時~4時

定員: 9名(要申し込み、小学生以下は保護者同伴)

参加費:2,000円

ワークショップ画像

2016年9月17日(土)~11月6日(日)
平成28年度特別企画展「根岸芳郎展 1970-2016 その旅立ちと現在」(終了しました)

9-2-10

《9-2-10》 2009年、アクリル

岡谷市出身の根岸芳郎は、色彩だけで構成される絵画を描く、現代アートの作家です。

根岸の作品は、色とりどりの美しいグラデーションが特徴で、見ているとその色彩の世界に包まれているような感動があります。

根岸は1970年代にボストンに留学し、アメリカ発祥のカラーフィールドペインティングに出会いました。カラーフィールドペインティングとは、人物・風景といった「何か」を描くのでなく、色彩だけの画面によって雰囲気のある「場」を作ろうとする現代アートの一種です。根岸は、日本で初めてそれを実践した作家の一人です。

本展では、武蔵野美術大学時代からボストン留学時代をへて現在まで、根岸の画業の変遷をたどります。

会 場: 市立岡谷美術考古館
休館日: 毎週水曜日、祝日の翌日
入館料: おとな(高校生以上)500円  こども(小・中学生)250円
団体 おとな(高校生以上)350円 こども(小・中学生)150円
※10名以上
諏訪郡内6市町村小中学生、岡谷市内の高校に在校、在住高校生は無料

 

◆関連イベント◆

■対談(無料)

木下長宏(美術評論家)・根岸芳郎

10月9日(日)15:00~16:30

 

■作家によるギャラリートーク

9月17日(土)10:30~11:00(要入館料)

10月2日(日)15:00~15:30(要入館料)

11月3日(木・祝)14:00~14:30(開館記念日のため無料)

 

■ミュージアム・コンサート(無料)

9月30日(金)18:30~19:10(当日は20:00まで開館)

懐かしの映画音楽(サックス 佐藤典夫・ピアノ 中嶋由紀子)

10月16日(日)15:00~15:40

ジャズ・ライブ(JIVA ZERO)

11月3日(木・祝)15:00~15:40

ジャズ・ライブ(Alex Jazz Group)

 

2016年7月16日(土)~9月11日(日)
平成28年度特別企画展 「姉妹都市アーティスト展 伊東美和・内尾和正」(終了しました)

棘の竜

内尾和正《棘の竜》

今年度は岡谷市制施行80周年ならびに岡谷美術考古館の移転開館3周年にあたります。

それを記念いたしまして、「姉妹都市アーティスト展」を開催いたします。

岡谷市出身の伊東美和は、カフェなどの店頭に飾られる色鮮やかなチョークアートの作家です。

岡山県玉野市出身の内尾和正は、空想上の風景や生き物を、リアルなイラストに描きます。

今回は、2人の作品を、2会場に分けて展示いたします。

それぞれ独自の表現世界をお楽しみください。

pizza

伊東美和《pizza》 2014年

 

◆関連ワークショップ◆

●7月30日(土)おかやきつね祭り、8月11日(木・祝)

伊東美和ワークショップ「チョークアートに挑戦してみよう」

ハガキサイズの黒板にオイルパステルを使って描きます。モチーフは何種類かの中から選べます。お部屋のインテリアや贈り物としても使えます。

参加費1000円~ 要申し込み(当日参加可)

チョークアート

 

●8月28日(日)

内尾和正展関連イベント「夢のいきもの大募集!!」表彰式&ギャラリートーク

岡谷市内の4歳~12歳の皆さんから募集した「夢のいきもの」の絵の表彰式と、内尾和正さんによるギャラリートークです。

※応募作品は、8月28日(日)~9月11日(日)まで1階企画展示室にて展示いたします。

50  50cf