考古企画展「土器の比較から見る弥生文化ー縄文から弥生へー」

IMG_4853弥生時代に千曲川流域から発生し広域へ広がった栗林式土器と箱清水式土器。千曲川流域と天竜川流域の伊那谷の土器文化の影響を受けつつ独自性をもつ岡谷の弥生土器。地域と時代による土器の違いをご紹介しています。

展示資料の出土遺跡                  岡谷市中島A遺跡、海戸遺跡、橋原遺跡、長野市松原遺跡

共催:長野県立歴史館

会期:11月7日(日)まで

開館時間:10:00~18:00

 

入館料:一般520円(370円)、小・中学生260円(160円)

※( )は10名以上の団体料金

※諏訪6市町村に在住・在学の小・中学生、岡谷市内に在住・在学の高校生は無料です