特別企画展「翠川昭久と11人の彫刻家」

翠川昭久《脱2》1985年

翠川昭久《脱2》1985年

下諏訪町出身の彫刻家 翠川昭久(てるひさ・1928-2016)は、矢崎虎夫に師事し、教職のかたわら、郷土を拠点に制作を続けました。長野県展にて受賞を重ね、1989年には信州美術会事務長・県展幹事長に就任、2000年からは審査員を歴任しました。岡谷市美術会・諏訪美術会の彫刻講習会や、彫刻愛好者の会 彩塑会の講師を務め、多くの後進を育成。作家として、指導者として、現在も多くの人々に親しまれています。

そのほか、1991年より94年まで、岡谷蚕糸博物館・岡谷美術考古館館長を務めるほか、低処高思会・ミレー会・たつのこ会といった美術愛好団体にも所属し、幅広く地域の芸術文化発展に寄与しました。

没後5年を記念した本展では、翠川の作品を通じてその生涯を振り返るとともに、指導を受けた彫刻家11人の作品を展示し、現在活躍中の作家たちや郷土の美術界に与えた影響についても考察します。

 

チラシはこちら

主催:市立岡谷美術考古館

後援:岡谷市美術会、諏訪美術会

展示作家:翠川昭久、赤羽晃一、今井千春、太田温、久保川稔、小松千恵子、小宮山史仁、中野和博、中村政道、三浦一則、三浦美保、宮坂辰男

会期:9月27日(月)~11月14日(日)

休館日:毎週水曜日、11月4日(木)

開館時間:10:00~18:00

入館料:一般520円(370円)、小・中学生260円(160円)

※( )は10名以上の団体料金

※諏訪6市町村に在住・在学の小・中学生、岡谷市内に在住・在学の高校生は無料です