2018年11月8日~2019年1月6日1開館5周年記念 収蔵作品展Ⅱ 暗色の色彩家 野村千春展(終了しました)

55.あずみ野朝あけ F50 1992年

《あずみ野朝あけ》

それは美しく描かれた絵ではなかった。
鮮やかな色を殺したところに、かえって生命力が見えてくる。

画壇や世評には背を向けて、独自の絵画表現を確立した野村千春。

構図らしい構図は存在しない。何度も塗り重ねられた絵の具の圧倒的な重量感。
暗い色調の中から光り輝いてくる色彩。
一転、画面の隙間なく、ちりばめられた花の生動。

大地と向き合い,花をこよなく愛した、暗色の色彩家(コロリスト)。

本展では、春陽会や女流画家協会を中心に、精力的に制作活動を展開した岡谷市出身の洋画家、野村千春の画業70年の軌跡を作品や資料を通して展観します。

 

■入館料/一般350円(250円) 小・中学生150円(100円)

( )は10名以上の団体料金

※諏訪郡内に在住・在学の小・中学生、岡谷市内に在住・在学の高校生は無料

 

■開館時間/午前10時~午後7時