有孔鍔付土器

有孔鍔付土器
(ゆうこうつばつきどき)

出土遺跡:花上寺遺跡
時代:縄文時代中期

樽のような形をして、つばに孔が開いているところから、酒造りの道具とも、口に皮を張って太鼓として使用したともいわれる。口縁部の内外に赤色塗彩がみられる。