顔面把手付深鉢形土器

顔面把手付深鉢形土器
(がんめんとってつきふかばちがたどき)

出土遺跡:目切遺跡
時代:縄文時代中期

岡谷市指定有形文化財

顔の反対側を欠いているが、蛇体紋を配していたと思われる。顔は内側を向き、少したれ目となっている。