顔面把手付深鉢形土器

顔面把手付深鉢形土器
(がんめんとってつきふかばちがたどき)

出土遺跡:海戸遺跡
時代:縄文時代中期

国指定重要文化財

顔が外側を向いた珍しいスタイル。完全な形に復原された全国的にも数少ない土器として、国の重要文化財に指定されている。